木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まさか田舎では日常茶飯事ではあるまいな!?」ウシハル 1巻

ウシハル (1)
  • ウシハル 1巻
  • 作者:ゴトウ ユキコ
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2010/9/30
  • メディア:コミック

気になり出したら止まらない。可愛すぎる仔牛!!
この生物、人なのか…牛なのか!?

中学男子・清晴の牧場に
やってきた仔牛のウシハル。
周囲の人々にはただの牛に見えるのに、
清晴にだけは
セクシーな牛ガールに見えて…!?
可愛すぎる仔牛の登場で、超刺激的な
日々が始まる…!!

巻末には、著者ゴトウユキコ氏の日常を描いた
おまけ漫画もたっぷり収録!


【感想】
性に多感だった中学生時代を思わず思い出す。
あの時は知りたくてしょうがなかったことが色々あったな。
たいがいのことがEROく見えた。

そんな中学生の未熟なEROSに対するバカバカしいやりとりがこの漫画の1/3を占めます。

100930_01.jpg

のこりの2/3はもっとバカバカしいものが占めています。
ナイスバディな子牛です。

100930_02.jpg

あまりにも膨大過ぎる中学生男子の妄想力のなせる業なのか。
はたまた幼い頃の恩返し的なものなのか。
全くその辺の細かい説明はありませんが、とにかく清晴には子牛のウシハルがナイスバディ子ちゃんに見えるようです。

他の人にはただの牛にしか見えないようです。
だから当然のように乳を搾ります。

100930_03.jpg
※ 牛です

当然スクール水着を着せます。

100930_04.jpg
※ 牛です

いや、本当によくわからない。
ひたすらにバカバカしい設定をなんの説明もなく描く。
これもまた生き様なのでしょうか?

個人的にはウシハルよりも中学生男子たちの未熟なEROSトークがムズムズして好きです。

ウシハル(1)

ウシハル(1)

価格:550円(税込、送料別)

« Prev|Top|Next »

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。