木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たくさんおっぱいキス甘酸っぱいそしておならが部屋いっぱい・・・ ちゃんと韻は踏んでるハズだが!?」 わたしたちは皆おっぱい 1巻

鎌上貴子は中学一年生の女の子。引っ込み思案な彼女は友達が出来ず悩む日々。そんな彼女にはひとつ秘密があって…それは趣味がおっぱい(他人のおっぱいに限る)だということ!!貴子の友情とおっぱいに満ちた青春日記!!


■作者
東風実花

■感想
かわいらしい表紙や絵柄からは思いもよりませんでした。
まさかオッパイ(友達)100人できるかなとは。
男以上におっぱいを愛する女子中学生 鎌上貴子が巨乳(友達)と仲良くなる、なんとも心温まるお話。

20100712_03


一巻の時点では、

・乳を揉んで友達になったおっぱい...2名
・乳を揉まないで友達になった腐女子...1名

これはあれか?揉んだほうが確率が高いってことか?
揉んでいけばいいのか??

常に乳への妄想がフルスロットルな貴子。
友達という関係をおっぱいフリーと捉えている貴子。
というかおっぱいしか見ていない感がある貴子。
男よりもおっぱいを愛しているのがヒシヒシと伝わってきます。

20100712_02


« 「きっとどこかで会っている」横道世之介|Top|「おっぱいの在るデッドラ」学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/27-1e0ca7d0

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。