木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユニバァァァァァァァァス!!!!」僕は友達が少ない 4巻

僕は友達が少ない 4 (MF文庫 J ひ 2-22) [文庫]
  • 僕は友達が少ない(4)
  • 作者:平坂読
  • イラスト:ブリキ
  • 出版社:メディアファクトリー
  • 発売日:2010/7/21
  • メディア:文庫
夏休み明けに衝撃的な出来事があったものの、羽瀬川小鷹は相変わらず友達のいない学校生活を送っていた。一方隣人部では、夜空に触発されて他の部員たちまでイメチェンに挑戦したり、手つかずだった小鳩の夏休みの宿題をみんなで手伝ったり、BLアニメを鑑賞したりと、これまでどおりの残念で賑やかな日常が繰り広げられるのだった。しかし、一見前と変わらない様子の夜空が、たまに可愛い素振りを見せることが……。これはもしかして――デレ期? 一方星奈の父・天馬と小鷹の仲も深まったり――。大人気残念系青春ラブコメ第四弾、僕たちの熱く残念な季節は終わらない!

【感想】
迷走する友達作りを繰り返すラブコメ第4巻。書いてて良くわからんが、そういうお話。
アニメ化も決定して勢いに乗ってる感があるけど、肝心の制作がシャフトってことで賛否両論かなぁ。
化物語はまーアリっちゃアリだったけども・・・。

そんなわけで残念な夏休みも終わり、残念すぎる二学期のスタート。
それってもうリア充なんじゃね?なんて野暮なツッコミはおやめください。夏でも秋でもない季節の残念な日常なんです。

今回で夜空のデレがだいぶ表面化していますが、冷静に考えると話の軸がBLゲームとは残念です。
確かに友達同士でもキスは・・・いや、しねぇよ。
まかり間違ってもしねえ。気づいて!
結局ちょこちょこデレる夜空がかわいいんだけど、夜空だしなぁ。であろう。

一方星奈の方はというと、小鷹が父と着実に仲良くなってしまっている。
肉親と仲良くなると、色々しんどいよね、ホント。マズイ方向だ。BLな方向ではないだけマシなのか。
いや、照れる父はかわいいけども。
むしろ4巻のオチも父が仲良くしたいだけなのだろう。
父カワユス。

あとプールや海のとき同様、「お疲れ様会」の予行演習感というか、手探り間が悲しい。
もっと普通にさ!って、普通がわからなんいんですよね。
結局日常に戻ってしまう面々が強引に始める、というか創める「王様ゲーム」。
確実に間違えた王様の命令に哀愁すらただよいます。

まーとりあえず貴重な挿絵をそういう使い方をするはどうかと。
親交を深めるための裸の付き合いとはいえそのようなご無体な使い方をされると小生としましても今後の対応を考えざる終えません。
ちくしょう。
僕は友達が少ない(4)

僕は友達が少ない(4)

価格:609円(税込、送料別)

« 「オレの妄想も診てください」琴浦さん 1巻|Top|「ぶっちゃけ他の作品ちゃんと呼んでいません」電撃大王GENESIS 2010 Summer »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/33-bbedaaa8

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。