木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アマゾンをサハラに!!」O/A 2巻

O/A (2) (角川コミックス・エース 216-5) [コミック]
  • O/A 2巻
  • 作者:渡会 けいじ
  • 出版社:角川書店
  • 発売日:2010/9/4
  • メディア:コミック

ヒミツの生放送開始!!
“同じ声”の二人一役
目指すは、深夜ラジオで輝く新たなアイドル像の確立!落ちぶれアイドルと新人女芸人の快進撃(?)を見よ!!

奇跡の“同じ声”を持つ、アイドル・ゆたかと芸人・はるみ。ひょんなことから始まった“二人一役”のラジオ生放送は、はるみが繰り出すギリギリの下ネタで、毎度毎度の大反響(!?)

トラウマ披露や、出張録音in古都などなど、番組が好調に進む一方、はるみの芸人としての活動を見たゆたかは、ついはるみに苦言を…!?


【感想】
1巻のラストで事務所の社長が失踪。借金を背負わされるスキャンダルによって引退の憂き目に遭ったゆたか。
その結果、マネージャーが設立した芸能プロ「リンカーン」で再起を図るが果たして!?

なんて緊迫感は一切なく、早速断髪式が敢行されていました。
相変わらず下ネタ、特に下半身ネタが充実していますね。

100903_03.jpg

ラジオの一般常識クイズでは、はるみが「クールビズ」って答えを次のように答えておられました。

100903_02.jpg

いやぁ、そりゃクールビズだけどな。
夏場にもっさりしてたらムレるし。デリケアエムズ使うといいのかなぁとか思うし。
いくら芸人だからといってその発言は女子的にどうなんだろうか。
そんなはるみの下ネタっぷりに萌えているかもしれないオレがいるのも問題である。

しかしはるみのお笑いライブでのダダスベりに対してちっとも悔しがらない態度にゆたかが激怒。深夜のファミレスで口論に発展してしまいます。
そりゃまぁこれじゃスベろうて。

100903_05.jpg

ああ、スベってるなぁ。かわいいなぁ。スベる様がかわいいなぁ。
でもって売り言葉に買い言葉ではるみがいっちゃならないことを言ってしまう。

100903_06.jpg

仲たがいをしてしまい、ラジオの収録を一人でこなすゆたか。
当然リスナーの反応は良くない。皆下ネタを求めているのですね。オレも求めています。

ゆたかだけでなく、はるみだけでなく、二人揃ってお互いのいいところが引き出される。
芸人のコンビのような作用が二人にはあるのでしょう。
そんなお互いを認め合い、改めて「O/A(オペレーション・オーロラ)」始動!!
ってとこで2巻は終了。


« 「休載=サボリみたいに聞こえる昨今」ブラフマンOVER BOOST 1巻|Top|「巧みな表現手法にオレはもう疲れた」私の男 著:桜庭一樹 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/50-95487f48

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。