木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「休載=サボリみたいに聞こえる昨今」ブラフマンOVER BOOST 1巻

ブラフマン OVER BOOST(1)(CRコミックス) (CR COMICS)

双子の兄弟、乃木坂 鳴と号は、実の父親により自らの体内に
”ブラフマンシステム”を埋め込まれ、改造人間となった……。
だが、鳴は命を弄ぶ父から離れるように、妹のつぐみを連れて家を飛び出す!
父・響はそんな2人を号と怪物・リープスを使って連れ戻そうとするのだったーーー。


【感想】
月間コミックラッシュの看板作品が帰ってきた!・・・コミックラッシュってなんだ!!

調べたら2004年からあった雑誌なんですね。
「ブラフマン」自体は初期からアニメ化の話があったとか。
つかGAやってた雑誌ですか。全然しらなんだ。

改造人間の変身ヒーローもの。
とはいえ世界制服を目論む悪の組織なんてものはないようです。
マッドな父の自慰行為を含む壮大な兄弟げんか?
「ブラフマン」の頃から読んでいないので置いてきぼりなオレ。

20100905_01.jpg

そんな奴はしったことかと言わんばかりに、初っ端から結構なピンチに陥るブラフマン。
すわピンチとか思っていると、早速新機能というか能力というか、なんか追加されるブラフマン。

その名も「多次元位相接続システム」。
おお、なんか小難しくてかっこよさそうだ。ステキそうだ。ハッタリだ。

新機能的なものであっさり怪人を撃退するブラフマン。
しかしこれ、ヒーローとしてどうかと思う。

20100905_03.jpg

ガトリングはいかん。ヒーローとして使ってはいかん。
カメレオン似な怪人が蜂の巣になっとるし。
「多次元のエネルギーを利用して再構築する。」とかなんとか説明されていましたが、何もガトリングじゃなくても。
もっと穏やかなものとか、非現実的なものとかさ、構築しようぜ。

ライバル的ポジションらしき主人公の弟も、「なんなんだ兄さんのあれ。腕から重火器なんて・・・」

20100905_04.jpg

「・・・」が実に絶望感を表しています。

「ブラフマン」のときは展開が遅かったらしいですが、「ブラフマンOVER BOOST」は展開速いです。
あとがきでも「一気に結末になだれ込みます」と書いていましたので、急速に風呂敷を広げる+畳む展開になっているのでしょう。
どうやって小難しい設定を消化していくのか楽しみです。

« 「オレはお兄ちゃんってことでいいかな?」私がお姉ちゃんなんだからね! 1巻|Top|「アマゾンをサハラに!!」O/A 2巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/51-58cf34d9

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。