木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「変態集合!」惡の華 2巻

惡の華(2) (少年マガジンコミックス) [コミック]
  • 惡の華 2巻
  • 作者:押見 修造
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2010/9/17
  • メディア:コミック

大好きな佐伯とデートすることになった春日!
だが仲村から、デートの時に盗んだ体操着を着ていくよう命令され、不安を抱えながら当日を迎える。
春日と佐伯のあとを、ひっそりと付いてくる仲村。
彼女を気にしつつも、順調にデートを進める春日に仲村が出した、更なる命令とは‥‥!?


【感想】
いくら弱みを握っているからといって。
いくら弱みを握られてるからといって。
もうこの変態共何してんの。ステキすぎ。

100918_07.jpg

好きな娘の体操服を着て好きな娘とデートするとか、春日君は着実にクソど変態のうんち人間とやらに開花しつつあるのだろう。
佐伯さんが完全に被害者なわけで、春日くんの秘密を知ったときの崩壊ぶりを想像するとフルフルする。

100918_06.jpg
「そんなんじゃないっっ!!」

どんなんじゃないんだよ。
個人的にこのコマは大好きだ。全てがダメだ。もうどうしようもない。

あと仲村さんのこの脈絡のなさすぎるキラーパスもすさまじい。

100918_05.jpg

なんて顔して何言ってんだよ。
もうわけわかんねぇっつか、脳が追いつかねぇよ。
ifの中でもそんな激レアなifいきなり出してんじゃねぇよ。

巻のラストでは仲村さんが春日くんを夜の学校に呼び出して、二人して暗黒遊戯を行ってました。

100918_04.jpg

恍惚とした表情で自らの痴態を黒板に書き殴る春日くん。
「そんなんじゃ全然つまんない!!」と墨汁と筆を投げつける仲村さん。
墨汁で教室中に痴態を撒き散らす春日君。

なんなのこれ。

« 「小学生+ERO本=大繁盛」私のおウチはHON屋さん 1巻|Top|「裸にYシャツのあざとさ・・騙されてやろうじゃないか!」ネコあね。 1巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/59-374941d8

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。