木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「阿呆の血のしからしむるところ」有頂天家族

有頂天家族 (幻冬舎文庫) [文庫]
  • 有頂天家族
  • 作者:森見 登美彦
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日:2010/8/5
  • メディア:文庫

久しぶりの森見さん。
他の作家から森見さんに戻るとあまりの読みやすさにテンションがあがってしまう。
ぐいぐい読んでしまうな!

京の町を舞台に狸と天狗と人間のどうでもいい大騒動を描いたお話。
相変わらずの森見テイストに冒頭から一気に引き込まれます。

物語の主人公「下鴨矢三郎」は、面白く生きるだけが全ての狸。
阿呆の血のしからしむるところを全力で休み休み生きる、典型的な森見作品の主人公。
そんな矢三郎の家族はこんな感じ。

■下鴨総一郎
偉大なる父。故狸。
狸界を束ねていた素晴らしい狸であったが、数年前、金曜倶楽部によって鍋にされてしまう。

■母
偉大なる母。
どうしようもない息子たちと宝塚をこよなく愛する。
モダンな美少年に化けては「玉突き」に繰り出す。ついた通り名が「黒服の王子」。
雷が鳴ると狸に戻ってしまう。

■下鴨矢一郎
いざというときは頼りにならない下鴨家長男。
亡き父のような立派な狸になるべく他のどうしようもない兄弟を尻目に努力する、責任感の強い真面目な狸。
しかし融通が利かない上に、いざというときは慌てふためいて混乱してまう。

■下鴨矢二郎
引きこもりの下鴨家次男。
普段は鬱々としているが、泥酔すると偽叡電車に化けて京都を走り回る。
現在は蛙に化けて戻れなくなったため、井戸の中で隠遁中。
無気力な井の中の蛙。

■下鴨矢四郎
甘えん坊の下鴨家四男。
化けるのが苦手。気が弱いため、怖がるとすぐに尻尾を出してしまう。
なぜか携帯電話の充電ができる。
なぜだ。

所謂ホームドラマ的なキャラクターの配置ですが、森見さんが味付けするとただのホームドラマじゃ終わらない。
なんせ狸だもの。天狗もいるし。

特に物語終盤の、亡き父の言葉「阿呆の血のしからしむるところ」を胸に兄弟4人が力を合わせて大円団に持ち込む様。
感動しないというか、緊迫感がないというか。
肩の力の抜け方というよりも、筋肉がないんじゃないかと思わせる作風。
しかし「きつねのはなし」や「宵山万華鏡」なんかでの、どっぷりした重みのある作風も見ているので、この人はなんなんだろうなぁと感じてしまいます。

有頂天家族

有頂天家族

価格:720円(税込、送料別)


« 「セクシュアルなネコマタでしたら是非ウチに来てください」のりタマ 1巻|Top|「小学生+ERO本=大繁盛」私のおウチはHON屋さん 1巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/61-c4fd8bb9

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。