木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぺんぎん☆はいうぇい」ペンギンハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ
  • ペンギン・ハイウェイ
  • 作者:森見 登美彦
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日:2010/05/29
  • メディア:単行本

小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。
この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。
未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。


【感想】
森見センセイの新刊。
もしかしたら久しぶりの新刊なんじゃね?と思うのだが、ハードカバーの小説は一定期間を置いてから文庫へと転生するため、そんな久しぶりな感じがしない。
不思議!!

そんなわけで「ペンギン・ハイウェイ」は初?の京都以外を舞台にした長編小説。
おいおい、新たな森見ワールドなんじゃね?とか期待に胸を膨らませて読んで見たんですが。
ん~、なんか違う。

「ぼく」を取り巻く世界はいつもの「世界」ではない。
森見センセイの描く停滞感の溢れる生涯モラトリアム!!といった「世界」ではない。
もっとこう、寝起きのような、ゆるゆるとしてふわふわとした「世界」に感じる。
断固とした意思力を感じない。

個人的な受け取り方だけれど、今までの話はいわゆる「逃げ」と思う。
社会や将来なんかから「逃げ」ている話と思う。
しかし「逃げ」きれるものではなく、渋々と、少しだけ「大人」にならざる終えない話。

ペンギン・ハイウェイはそうではないと思う。
これは「少年」が少しだけ「大人」へ近づく話だ。
そこは希望に満ちている。

オレは少年ほどに「少年」ではない。
「大人」になることが良いことばかりでない、ということを知っている。
というかだいたい面倒臭いもんであると知っている。
だからあまり、なんかしっくりこないんじゃないかなぁと思う。

あくまで子供視点で書かれているから、もうおっさんになってしまったオレは少年の視界へ同調することができないのであろう。
子供に煙たがられる「大人」へとオレも変わっているのであろうか。

もっともこの本を子供が読んでも楽しくはないんだろうなぁ。

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

価格:1,680円(税込、送料別)

« 「なじられる準備はできてんだろうな!?」アマガミ precious diary 2巻|Top|「恥かきながら生きてんだ、せめて恥のかかない死に方を」オタクの逝き方 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/71-9e86b10f

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。