木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イカスハッタリ目白押し」血界戦線 -世界と世界のゲーム- 2巻

血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)

紐育崩壊後、構築された都市。
異界と現世の交わる魔都に於いて世界の均衡を保つ為に暗躍する秘密結社ライブラが存在した!!


【感想】
内藤泰弘の送るハイテンションSF第二巻。
相変わらずのステキな偉業たち

今回は頭がお尻のようなお方(ドン・アルルエル・エルカ・フルグルシュ)とチェス+将棋もどき(プロスフェアー)勝負。

101104_04.jpg

異界側でも有数の「顔役」ドン・アルルエル。
彼とのプロスフェアー勝負に勝つか、一定時間チェックされずに凌ぎ切れば望みをかなえてくれるようです。
ちなみに時間は望みの大きさによって変わるそうな。

これだけの頭のサイズなので当然おミソが達者であろうドン。
「チェックメイトを忘れて戦って頂きたい。」
とクラウスが自分の前の挑戦者コルシコフ・ウルツェンコ氏へアドバイスするように、正気じゃない強さのようです。

このプロスフェアーのギミックがイカス。

101104_02.jpg

なんか「戦域拡大(デイ・カ-リオ)」とか宣言したら四隅の丸い部分のひとつがゴキンと上がる。
どうもこうすることでコマの属性がかわるのだそうな。
カードゲーム的な何か?

ちなみにクラウスはドンに負けたコルシコフ・ウルツェンコ氏の命を助けるため、99時間ぶっ通しの勝負を挑むことになります。

101104_03.jpg

もうどうしてそうなったのかさっぱりわかりません。
さすが異世界だからってなんでもアリなんでしょうか。

後半は色っぽい吸血鬼をイカス技でガッチガチに拘束しておりました。

101104_04.jpg

一巻が神様相手だったので、吸血鬼とかちょっと地味。
十二分にチート設定な吸血鬼なんですけどね。

あとがきマンガでは存在感たっぷりだったドンのフランクな姿を拝めます。


« 「お前は今、泣いていい」君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 2巻|Top|「熱くなれるのは男の子の特権だ!!」セカイのミカタ 1巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/75-e23996c5

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。