木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「正面から見据える!!」戦国妖狐 5巻

戦国妖狐 5巻
  • 戦国妖狐 5巻
  • 作者:水上 悟志
  • 出版社:マッグガーデン
  • 発売日:2010/11/10
  • メディア:コミック

四獣将・神雲との死闘…そして舞台は断怪衆総本山へ!
総力総決戦の激闘第5巻!!


【感想】
「惑星のさみだれ」大円団によって軽い焦燥感に苛まれていたオレ再炎上!!
戦国妖狐の5巻です。
近所の本屋どころかどこにいっても置いていない為、渋々楽天ブックスで注文。
結果1日遅れの焦らしプレイを強要されちまいました。

5巻では、神雲との戦いから断怪衆総本山への殴り込みまで。
どこを取り上げようにも、惑星のさみだれ同様に捨て回が無いので困ります。

とにかく印象的だったのは神雲戦。
初登場時の圧倒的な強さから、未だに作中屈指の絶望感漂う存在。

101111_0001.jpg

勝てねえって。正義行われちゃうって。
水上先生の漫画は普通の漫画と少しルールが違うので、まぁなんとか勝つでしょうと楽観的に読めないんです。
迅火が普通にミンチになりそうで怖い。

そんな迅火は案の定左腕一本を失い大ピンチ。
と思いきや少年誌におけるパワーアップフラグ成立で精霊転化時の尻尾が一本増えた!?

101111_0002.jpg

雷の尾を生やした迅火ですが、その力を読者へお披露目する前に山の神の手助けにより窮地を脱出。
つか山の神に神雲と千夜が封印されちゃったよ。
パワーアップフラグはどうすんだよ。
土壇場のパワーアップ程度でどうこうできる差でもないんだろうけど。

普通ならここで修行やらなんやらでお茶を濁して体制を立て直すところですが、スピーディーな展開がウリの水上先生。
一気に断怪衆総本山へ殴り込み。
展開速すぎ!

断怪衆総本山では道錬と迅火の第二戦目が行われるんですが、そんなことより気になるのは真介です。
灼岩が殺された(岩になった)ことによってナルミ兄ちゃんばりの変貌を遂げてしまった真介。

101111_0003.jpg

なんて目をしやがるんだ。
灼岩はそんなことを望んでいるわけじゃないだろうに。
ちょっとずつ元の真介へ戻っていってるようにも見えたんですが、迅火のパワーアップといい、人や状況は簡単には変わらないってことですよね。
せめて悪い方向へはいってほしくないです。

一方の迅火は思った以上にっつかはるか実は遥か格上だった道錬に大苦戦。
勢い余って自らロボトミー手術を行いもう一本尻尾を生やしとりました。

101111_0004.jpg

なんなんだ、いったい。
まったく先が読めない展開!6巻にも乞うご期待!!

101111_0005.jpg

どうでもいいけどこのシーンでキン肉マンの「7人の悪魔超人編」冒頭を連想したのはオレだけだろうか?


« 「ふわゆるカールの金髪イケメン参上!!」機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2巻|Top|「納刀するときの方が、こう、あれよな?」ブレイドブレイカー 1巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/79-eea8fd21

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。