木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふわゆるカールの金髪イケメン参上!!」機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2巻

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2巻

“シャアの再来”の二つ名を持つ「袖付き」の首魁、フル・フロンタルが登場。
シナンジュと呼ばれる真紅のMSを駆り、主人公バナージ・リンクスの乗るユニコーンガンダムに襲いかかる。


【感想】
世界一偉くなったロリコンことシャア・アズナブルの再来と言われるフル・フロンタル(意=素っ裸)。
第2巻にして重役出勤気味に登場!!
金髪カールを動画で見ると正直キモいです、大佐。

小説を読んでる身としてはちょいと駆け足すぎかなって感じの1巻でしたが、2巻も負けず劣らず駆け足でした。
マリーダさんがいかにジト目で蔑んでくれるか?を楽しみにして見るのが正しい見方と思います。

それ以外の見所はなんといっても大佐の乗る破廉恥な程に赤い機体「シナンジュ」。
サザビーをもっと細かく捏ね繰り回したかのようなデザインと、黒金の挿し色がどえらくかっこよろしい。
武装はサザビーからファンネルをとっぱらった感じ。
ガンダムユニコーンといい、先の時代となるF91といい、ファンネルってあんまりなのか?

さておき、そんなシナンジュの動いてる姿がかっこいいのなんの。
登場シーンでは隕石やデブリの破片を蹴って加速するところまで細かく描いているなんて、本気で作ってんぜ!って感じが伝わってきます。
ロンド・ベル隊との戦闘でも圧倒的な戦術で翻弄、つかロンド・ベル隊がちょっと不甲斐ないのではないかと・・・。
カタパルトで一機撃墜されていましたがお前は何をやっているのか。
リディに関しては何も言うまい。

ユニコーンとの戦いも、機体の性能では劣るにも関わらず、巧みな戦術でバナージを圧倒。
バナージはあまり好きになれないんで、もっとやれって感じで見てました。

最後はクシャトリアにとっつかまるユニコーン。
クールにリベンジ達成するマリーダさんにオレ歓喜。
さらに後半のマリーダさんは良い事言ってました。
ジト目なんですが、にじみ出る優しさ。
バナージはもっと涙するべきではないかと思いました。


« 「待てど暮らせどやる気は来ません!!」アオイホノオ 5巻|Top|「正面から見据える!!」戦国妖狐 5巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/80-533568e6

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。