木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「挿絵がどんどんEROくなるの巻」僕は友達が少ない 5巻

僕は友達が少ない 5巻
  • 僕は友達が少ない 5巻
  • 作者:平坂読
  • イラスト:ブリキ
  • 出版社:メディアファクトリー
  • 発売日:2010/11/20
  • メディア:文庫

ある日父・隼人から電話でよくわからない話を聞かされて驚く羽瀬川小鷹だったが、星奈にそれとなく確認してみたところ、彼女のほうは特に変わった様子もない。
一応気にはなりつつも、隣人部ではいつものように残念な部員たちとの騒がしい日々が続いていく。
遊園地に行ったり温泉に行ったり昨今の娯楽業界を取り巻く情勢的に危険な領域に行ったり、いろんなところにGO(5巻だけに)!
隣人部の人間関係にも変化がおとずれる、はいてもいるしはいてなくもあり、ついているようでついてない、大人気残念系青春ラブコメディ、変化と原点回帰の二学期編突入!


【感想】

【注】強烈にネタバレしてます。





星奈ヒロインフラグを強引におっ立てられて、待ちも待ったり はがない 5巻 です。
投げっぱなし気味の引きから否応なく期待が膨らんでましたが
結論としては特に進展しませんでした。
結婚云々の話には余り触れられませんでしたよちくしょうめが!!

結構重要な展開だよなと思う読者をほったらかして、今回の隣人部は遊園地へ。
友達と行った事が無いどころか、遊園地そのものへ行った事の無い面子もチラホラ。
さすが隣人部。骨の髄まで充実していません。

毎度のことながら人ごみで不機嫌になる夜空と理科。
セクハラされる小鳩とセクハラオヤジの星奈。
うんこしか言わないマリア。
ハーレムだが空気の小鷹。
空気どころか作者がたまに書き忘れてんじゃないかと思える幸村。
こんだけよく動くキャラがいるんだからそりゃ霞のように薄くもなるわな。

そんな幸村ですが、今回はピンスポ当たりました。
クドイどころかアクまみれの面々の中で唯一マトモと錯覚しそうになる彼がとんでもない飛び道具を飛ばしてきました。



101122.jpg
幸村女かよ!!

読者の誰もが驚きながらも素直に受け入れたことでしょう。
こんなかわいい男子高生がいてたまるか。
これで隣人部は小鷹を除いて全て女子高生という、いわゆるハーレム状態とあいなりました。
段々と部員たちの小鷹への好意が露骨になってきたことですし、恋の結末はどうなってしまうのやら。
いや、こいつらはその前に友達か。




« 「藤村くんツッコミすぎて死ぬんじゃね?」藤村くんメイツ 3巻|Top|「待てど暮らせどやる気は来ません!!」アオイホノオ 5巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/82-a404fc07

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。