木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「惑星を砕く者の物語、これにておしまい」惑星のさみだれ 10巻

惑星のさみだれ 10巻

平凡学生の雨宮夕日は、お隣の女子高生・さみだれ(救世主かと思いきや実は地球破壊を企む魔王)に惹かれて忠誠を誓い、軟弱騎士ながらも成長を遂げる。
やがて、精霊アニマが覚醒し、泥人形との数々の戦いを乗り越え遂にビスケットハンマーを破壊し、魔法使いアムニスにも勝つ! 
残るは小さな魔王さみだれの望みだけ!?
新感覚ご近所ストーリー、大人気シリーズが堂々完結!!


【感想】
終わってしまった・・・。
無駄な引き伸ばしの一切無い、一気に駆け抜けた全10巻でした。

9巻はアニマの槍がアニムスを貫いたところで終わりましたが、個人的に
「まだだ、まだ終わらんよ」
となると予想していました。
しかし明らかに師匠への転生を匂わせて土へ還るアニムス。
「ごめんね。早く止めてあげられなくて。」と泣き崩れるアニマ。
なんかアニマはさみだれたちとは別の所にいるんだなぁと思ってしまいました。
たぶん描かれていたのはさみだれたちの物語であってアニマの物語と自分としては思います。

そしてここからが本当の最終決戦。
地球を砕こうとする「魔王さみだれ とその騎士 雨宮夕日」VS「獣の騎士団」。

101130.jpg

真っ先に飛び掛る南雲と白堂の幻獣の騎士コンビ。
このときの南雲っちがかっこよすぎます。
「我々は惑星を守る者なのだ」
「雨宮、帰ったら打ち上げするぞ」
「仕事がしたいのさ。無職だからな。」
最後のは言葉だけなら悲痛な叫びとも取れますが、いやはや最年長で無職は言うことが違う。

しかし夕日の「天の庭(バビロン)」により翻弄され、倒されてしまう獣の騎士団。
アニムス戦での疲労も含めて戦える面子が少ないってこともあるでしょうが、風神を破った雨宮の「天の庭(バビロン)」がそれだけ対人戦で優れている証拠でしょう。
これで地球はさみだれによって砕かれてしまうのか!?

101130_0005.jpg

さすがゆーくん!さすがヒーロー!!
もう胸の底から熱くなる展開ですよ。
やっぱりさみだれを止めるのはゆーくんでなくちゃいけません。

そして雨宮がそう言うだろうと、自分のヒーローだから自分を止めると思っていたさみだれ。
雨宮と出会い、獣の騎士団と出会い、自分が世界を愛するだけでなく世界もまた、自分を愛してくれると知ってしまった。
しかし身体を蝕む病魔は、大切な仲間と共に未来へ進むことができないという現実を叩きつけます。
地球を壊しても壊さなくても、さみだれに待っているのは終わりでしかないのです。

もう自分でも自分を止めることがきない。
そんなさみだれの拳を

101130_0004.jpg

ゆーくん受け止めた!
もちろんこの後ふっとばされましたがっ!!
やはりさみだれの力は遥か格上。
もっと力を・・・そう望んだ雨宮に運命は応えます。

101130_0006.jpg

まさかのノイ幻獣化!
なにこの神展開、ここまでテンションを凝縮されると鼻血出るわ。

果たしてこの幻獣の力でさみだれを止めることができるのか?
ライバル的ポジションのみーくんに活躍の場はあるのか?
南雲っちの就職先は決まるのか?

とにかく前巻まで積み上げてきたものが一気に読者に向けて炸裂された最終巻。
全10巻と読みやすい長さ。
中だるみの無いテンポのよさ。
涙あり、笑いあり、熱く奴らありの三拍子。
損はしません、是非1巻から買ってください。


« 「アニメ化決定!!・・・大丈夫か!?」スケット・ダンス 16巻|Top|「この力、悪用せざるを得ない」琴浦さん 2巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/85-042c0ecb

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。