木綿のハンケチ

主に漫画のレビュー。時々小説、映画についての感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スカートの下はジャージですよね」共鳴するエコー

共鳴するエコー
  • 共鳴するエコー
  • 作者:きぎ たつみ
  • 出版社:芳文社
  • 発売日:2010/12/11
  • メディア:コミック

陸上部マネ、神秘なリハビリ少女、曲者ナゾ先輩、ボインでウフフな生徒会長、
対極双子ちゃん、傷をかかえた音楽教師、ヤマネコ少女…皆がどこかで繋がっている。
幻?の双子まんが&描き下ろし全キャラ未来予想図も入った十人十色美少女本の登場です。


【感想】
ちょっと百合んな雰囲気ですが、そこまで百合でもない短編集。
登場人物が短編ごとにリレー形式?で入れ替わるので、短編が苦手なオレとしては読みやすかったです。

101212.jpg


重い話もあるのですが、全体的には絵柄のせいもあってかサラっと読めます。
かといって内容が薄いわけでもなく構成もしっかりしている。
いやはや不意打ち気味に良作ですよ。
百合んな雰囲気が全編漂っているんですが、そこまでハードなわけでもないので「百合が苦手」って人でも平気かと。


■アンバランス
陸上部部長と生徒会長がメガネの地味な娘をたぶらかす話。
部長が女だとしばらく気付かなかったオレ。
巨乳の生徒会長が部長に乳をバインバイン叩かれながら、「アン、そんなに責めない・・・で!」と嬉しそうにしている様は、女子高ってこんなんかなぁと下卑た妄想をするには十分でありました。

101212_0001.jpg


■アシンメトリー
性格の全く違う双子のもやもや話。
それ悩みですらないし解決もしてないよな!?って内容を百合チックに描くことで、なんとも良い話に見えてしまうものだなと改めておもいました。
読んでるときはサラっと流してしたんだけどなぁ、おかしいなぁ。

101212_0002.jpg


その他短編1と中編3話が収録されています。

「少女が少女を呼ぶ矢印続きの未成熟物語。」
と背表紙に書いておりますが、これは完全にERO方面のアオリじゃないでしょうか?
オレの心が汚れてるだけなんでしょうか?


« 「男としてはひたすら入りにくい店だろうに」アソコのプロジェクト 1巻|Top|「気持ち悪い父と気持ちよさそうな乳」さんかれあ 2巻 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shidonium.blog133.fc2.com/tb.php/89-d473dfe7

Top

HOME

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。